【超危険】ガムテープ脱毛で効果を期待するな!デメリットと解決策

カテゴリー
ガムテープ

ガムテープで脱毛は危険です(。◕ˇдˇ​◕。)/

ども、ダツモウ.コムです。

 

ムダ毛をキレイにする脱毛方法は沢山ありますが、ガムテープを使った脱毛は「NGお手入れ」の1つです。

 

一時的にムダ毛はキレイになりますが、脱毛後に後悔する恐れがあるので、これからガムテープを使ってキレイにしたいと考えている方は、デメリットをチェックしておきましょう。

 

そして、後悔のない正しいムダ毛処理の知識を身に付けてくださいね。

 

 

抜くなら専用の脱毛ワックスで

商品メインバナー

詳しく見る

1.ガムテープ脱毛で効果は期待できない

ガムテープは、100円ショップでも販売されているため、価格も安く気軽に手に入れる事ができます。

 

そして、ムダ毛にガムテープを貼り、一気に剥がすだけで脱毛できるため、とても簡単なお手入れ方法です。

 

しかし、ガムテープ脱毛は永久脱毛できる訳ではありません。しっかりとした脱毛効果はでません。

そして、以下のようにあなたの期待を裏切る結果となります。

 

  • ただただ痛い
  • 肌トラブル

 

1-1.ガムテープ脱毛はとにかく痛い!


ガムテープ脱毛は、ムダ毛を一気に引っ張るため、脱毛時に強い痛みを感じます。

特に、太くて濃いムダ毛は、産毛部分よりも痛みを感じやすいため、男性のムダ毛処理のお手入れ方法としてはおすすめできません。

また、上手く抜けない事もよくあり”痛みだけが残る”こともあります。その為、何度も辛い思いをしなければいけません。

 

 

1-2.ガムテープ脱毛は肌トラブルが起きる


ガムテープ脱毛では、ムダ毛と一緒に肌も強く引っ張られるため、毛穴部分が炎症を引き起こして、肌トラブルへと発展するケースがあります。

 

また、ガムテープはムダ毛処理用ではないため、肌への刺激などを考慮して作られていません。

 

そのため、もともと肌が弱い方は、ガムテープの粘着部分により「かぶれ」が起きてしまう事があります。

こうした事から、安易にガムテープで脱毛ケアをしてはいけません。

 

 

2.こんなに怖い!ガムテープ脱毛で起きる肌の炎症とは?

ガムテープ脱毛によって起きやすい「炎症リスク」をまとめました。

最悪、病院通いになってしまうケースもあります。

すでに以下の症状に似たことが起きている方は、これ以上悪化させないようにガムテープの使用を中止しましょう。

 

  • 毛嚢炎
  • 埋没毛
  • 色素沈着
  • 皮膚のたるみ

 

 

2-1.毛嚢炎に要注意!ガムテープ脱毛のリスク


毛嚢炎とニキビの違いの図

ガムテープで脱毛をした後、赤くプツプツとしたニキビのような炎症が現われた場合、毛嚢炎(もうのうえん)という肌トラブルが起きているサインです。

脱毛時にムダ毛を引っ張る事で、毛穴周りはダメージを受けます。すると、炎症部分から細菌が入り込み、毛嚢炎を引き起こします。

 

重症化すると膿が溜まり、切除手術が必要になります。

そうならない為に『毛嚢炎になった!助けて…。10分であなたのその叫びを喜びに変える記事』でも取り扱っていますが、ステロイド剤や抗菌薬で早めの治療を行いましょう。

 

 

2-2.ガムテープ脱毛後の黒いプツプツは埋没毛


埋没毛

埋没毛(まいぼつもう)

 

ガムテープでの脱毛後に、毛穴がプツプツと黒っぽくなってしまう症状は「埋没毛」によるものです。

 

埋没毛は、皮膚内でムダ毛が成長する毛穴トラブルの1つです。

 

関連記事:埋没毛になったんだけどwwおい、助けろ…。たった10分読めば解決!

 

そのままにしておけば「自然と抜け落ちる場合」と「抜け落ちずに延々と生え続ける場合」があります。

抜け落ちなくなってしまうと、見た目が汚らしい印象の肌になってしまいます。

 

埋没毛を無理に抜く人もいますが、肌ダメージが大きくなるため更なるトラブルに発展しやすいので控えましょう。

 

 

2-3.ガムテープで肌の透明感が失われる色素沈着


色素沈着の図

 

脱毛によりダメージを与えた肌は、黒いメラニン色素が過剰に生成されます。

 

このメラニン色素が積み重なっていくと肌の透明感がだんだんと失われていき、色素沈着(しきそちんちゃく)を招きます。

 

シミ化してしまうと改善が難しくなるため、ムダ毛のお手入れは出来るだけ刺激を与えない事がキレイに仕上げるためのコツです。

 

 

2-4.ガムテープの粘着力で皮膚がたるむ


同じ所をガムテープで頻繁に脱毛すると皮膚がたるんできます。一度、皮膚がたるんでしまうと自力で元の状態に戻すことが難しくなります。

そして、たるんでしまっても同じ箇所から毛が生えてきます。つまり、ガムテープの処理で得たのは「美肌」ではなく「皮膚のたるみ」だけになります。

 

 

 

3.ガムテープ以外の安全なメンズ脱毛法

太くて硬いムダ毛の悩みを抱える男性に、ガムテープより安全な脱毛方法をまとめました。

なるべく肌負担が少ないお手入れ方法をチェックしておきましょう。

 

 

3-1.ガムテープ脱毛との違いは?「ワックス脱毛」


ガムテープの粘着力を使って脱毛する方法は、ワックス脱毛とよく似ています。

しかし、ワックス脱毛はムダ毛処理用として販売されているため、肌負担を最小限に抑える成分が使用されています。

特に、「ブラジリアンワックス」は、天然成分を原料としているため、肌への刺激が少ないという特徴があります。

 

ガムテープよりもムダ毛に絡みやすく、脱毛しやすいというメリットもあるため、セルフケアで一気に脱毛したいしたい方はワックスでのお手入れがおすすめです。

天然成分が配合されているワックス脱毛!シェリークリア

 

 

注意点は『ねえ、ワックス脱毛って効果あるの?メリットとデメリットを10分で解説』でも詳しく扱っていますが、ワックス脱毛もガムテープ脱毛と同様に、埋没毛が起きやすいお手入れ方法です。

 

ワックス脱毛による肌トラブルを防ぐためには、アフターケアとして「保湿」を取り入れるなど、正しい使い方で脱毛を行いましょう。

 

 

3-2.セルフケア脱毛ならガムテープより「家庭用脱毛器」


ガムテープ脱毛よりも肌に優しく、家でキレイに本格脱毛を目指すなら「家庭用脱毛器」の使用がおすすめです。

家庭用脱毛器は、女性が使う美容グッズというイメージがありますが、男性の間でも愛用者が増えています。

 

男性購入率43%の家庭用脱毛器

ケノン

 

家庭用脱毛器は、各メーカーによって性能が異なりますが、光脱毛の機能が搭載された脱毛器なら、エステサロンのような本格脱毛が気軽に自分で行えます。太く濃いムダ毛ほど効果が出やすいため、男性のムダ毛もキレイに脱毛する事ができます。

 

また、通販サイトで購入できる事から、エステサロンやクリニックに通う事に抵抗を感じやすい男性でも、誰にも知られずに買えるため恥ずかしさがありません。

 

自宅で本宅脱毛と美顔が格安1台で!「ケノン」

 

 

3-3.ガムテープ脱毛より楽チンでキレイ!「エステ&クリニック脱毛」


ガムテープ脱毛など、セルフケアによるムダ毛のお手入れは、肌トラブルが起きやすく、再びムダ毛が生えてくる事にうんざり・・・。

 

という方も多いですよね。

 

  • カミソリ
  • 毛抜き
  • 小型バサミ
  • 電動シェーバー

 

などです。

 

ムダ毛に関する悩みを根本的に解消するなら、『エステサロン』や『クリニック』での本格脱毛がおすすめです。

 

  • エステサロン:光脱毛
  • クリニック:医療レーザー脱毛

 

美容意識が高い男性、芸能人の男性の間では、エステサロンでメンズ脱毛を行う事が当たり前となってきています。「光脱毛」の技術を使ったエステサロンでの脱毛は、痛みと肌負担が少ないため、ガムテープを使った脱毛とは雲泥の差です。

光脱毛は”減毛”や”抑毛”になるので、将来にまた毛をのばしたい方(ヒゲなど)はお勧めです。

男性脱毛なら全国4万人の実績/RINX(リンクス)

 

 

クリニック脱毛なら、「医療レーザー脱毛」を使った施術が行えるため、”永久的”な脱毛効果を得られます。

髭や全身を一生ツルツルにしたい人にお勧めです。

 

ガムテープでは難しい脱毛部分も全てスッキリとキレイに仕上がります。

 

男性専門脱毛クリニック

ゴリラクリニック

 

 

まとめ:すぐにガムテープ脱毛を辞めよう!

身近なアイテムでムダ毛の悩みを解消できるガムテープ。

しかし、脱毛後の肌トラブルが起きてしまってからでは、炎症を治す事も大変です。

デメリットが多いガムテープ脱毛ではなく、『安心&安全』な脱毛方法を選んでムダ毛のコンプレックスから解放されましょう。