私、女だけど剛毛すぎて涙が止まらない!数分であなたの笑顔が30年に

カテゴリー
白い服を着た女性

「アレ、私の毛ハリガネで出来ているのかな」

 

ども、脱毛大好きダツモウ.コムです(`・ω・´)ゞ

 

皆さん、日々お元気に暮らしていますか?

 

世の中には剛毛すぎて困っている女性が沢山います。

夏場や温泉、彼氏の前など、普通に生活していても肌を出す機会は多々ありますよね。

海で海外の胸毛が生えた男性と緑色の水着を着用している女性の絵

でも、剛毛の女性はそんな時に毎回憂鬱。

毛が濃いと絶対に人に見せたくないので制約も多く、他の人が楽しんでいることができないなんていうシーンも多々あります。

 

 

今回の10分ほどで読める記事では剛毛になってしまう原因から解決法までまとめてみました!

 

是非、参考にして頂いてつるつる美肌を手に入れてくださいね。

 

『素敵な将来をゲットすべく、剛毛女子よ立ち上がれ!!』

 

 

 

「し放題プラン」で剛毛を叩け!

アリシアクリニック

詳しく見る

1.剛毛女性の悩みは深く長い

小さい女の子

自分が剛毛だと気づいたのは、いつ頃ですか。

 

早い方だと幼稚園・保育園に通う頃から、自分の毛は他の人とは「違う」と思い始めるそうです。小学校に入ると男子にからかわれるようになり、中学・高校と思春期になると深刻な悩みになりますよね。

 

大学生や社会人など、制服がなくなりある程度服装の自由が得られると、服を買う時の基準が「肌が隠れるかどうか」になってしまったのではないでしょうか。

 

 

どんなに暑い日でも、生足なんてもってのほか。

ストッキングも剛毛を隠すのには役立ちません。

赤い洋服と黒いストッキングをはいている脚

服で隠せる部分は良くても、手の甲や指、顔などの毛はどうしても露出してしまいます。

 

毎朝外出前に処理しても、夕方にはポツポツと生え始めてしまうでしょう。あなたは鏡を見るたび「この毛さえなければ」と思います。

 

このように、剛毛女性が抱える悩みはとても深く、幼少期から長い間苦しめ続けているのです。

 

 

 

2.なぜこんなにも剛毛女性がいるのか

涙を流す女性

世の中には、毛の薄い女性もたくさんいます。その一方で、剛毛に悩まされる女性がいるのも事実です。この差は、いったいどのように生まれてしまうのでしょうか。

 

 

2-1.剛毛女子になる原因その1:遺伝


遺伝子のイラスト

 

剛毛に悩む女性のほとんどは、遺伝が原因だと言われています。

両親や祖父母に剛毛の方がいれば、その遺伝子を引き継いでいるのでしょう。

 

 

一見誰も剛毛ではないように思えても、実は毛が濃い家族がいてもすでに脱毛済みという場合もあります。

幼少期から剛毛だという方は、ほぼ遺伝が理由だと考えていいでしょう。この場合、自然に放置していても毛が薄くなる可能性はほとんどありません。なんらかの対応策を取らなければ、ずっと剛毛のままでしょう。

 

 

 

2-2.剛毛女子になる原因その2:ホルモン


脳の断面図

子供のころは普通だったのに、突然剛毛になってしまったという方もいます。

 

そうした方の原因は色々ありますが、ホルモンバランスが崩れてしまったということが考えられます。特に妊娠中はこれが原因で毛が濃くなる方も多いのです。

 

また、過度なダイエットなどをしてバランスが崩れ、女性ホルモンがあまり分泌されなくなったことにより剛毛になってしまう方もいるのです。何か心当たりがある方は、剛毛への対応を考える前に、そもそもの原因となっているホルモンバランスの崩れを整えるようにしましょう。

 

 

泥の中を一生懸命走る女性

無理なダイエットをしている方はすぐに中止し、規則正しい生活を心がけてください。

 

 

 

ベッドの上であぐらをかきお腹に手を当てて豆乳を飲んでいる女性

豆腐(とうふ)や豆乳(とうにゅう)などを飲むと、女性ホルモンと似た作用のある大豆イソフラボンを摂取できるのでおすすめです。

 

 

 

大きなベッド

なるべくストレスを遠ざけ、十分な睡眠をとってください。

 

これだけでバランスの崩れが正常化され、だんだんと剛毛から元の毛の濃さに戻っていくこともあります。

 

 

3.女性が剛毛を自己処理するデメリット

ピンク色のT字カミソリ

どんどん生えてくる毛に対応するため、日々自己処理に追われる女性は多いでしょう。もちろん何もしなければ外出するのも、なんか「ためらって」しまいますよね。

剛毛の自己処理には様々なデメリットがあります。

 

 

 

3-1.剛毛女子の自己処理その1:肌ダメージ


ムダ毛を自己処理すると肌へのダメージを避けられませんが、剛毛の方はその被害が特に深刻です。

例えば、よく「ムダ毛をカミソリで剃るときは、毛の流れに沿って1度やさしくすべらせるようにする」なんていいますが、剛毛女性の方はとてもそんな処理では綺麗になりません。毛の流れに逆らって、何度も何度も剃るというやり方が一般的でしょう。

 

 

しかしカミソリで毛を剃る時、肌の角質も削り取ってしまっています。

逆剃りの注意事項

そのため何度も剃ることでどんどん角質が削られ、乾燥肌になってしまうのです。さらにそれだけではなく、炎症してしまうことも多々あるでしょう。

何年も角質を削ることによって皮膚が固くなり、毛はなくなっても女性特有の柔らかな肌の質感は失われてしまいます。剛毛の方は特に毛の断面が目立ち、せっかく剃ったのに黒いぼつぼつになってしまうこともあるでしょう。

 

 

毛抜きでの処理も肌へのダメージを避けられません。

毛抜きを使用すると埋没毛、毛嚢炎がある事を記した写真まだ生えている途中の毛を無理に抜くことで、毛嚢炎(もうのうえん)というニキビのような炎症を起こしてしまうことがあるんです。また、カミソリでの処理同様、毛が肌の中に埋まって成長し続ける埋没毛(まいぼつもう)のリスクもあります。

 

 

 

除毛クリームも肌への負担が大きい処理方法の一つ。

左手にクリームをのせる

これはたんぱく質を溶かす成分をぬることで、主にタンパク質から構成されている毛を綺麗にするやり方。しかし実は、皮膚もたんぱく質で出来ているので、毛と一緒に皮膚にまで効果を与えてしまうんです。特に皮膚が弱い方は、赤みひりつきが出てしまうこともあるでしょう。

 

このように、自己処理に伴って肌は様々なダメージを受けてしまいます。

 

 

 

3-2.剛毛女子の自己処理その2:毛穴の開き


左目と左眉毛のズームアップ

自己処理は肌だけでなく、毛穴にも悪影響を及ぼします。

 

毛の流れに逆らってカミソリを使うと、毛穴も広げてしまいます。そのためムダ毛処理をしたのに、開ききった毛穴が目立つ肌になってしまうことも。

 

また、毛抜きを使った脱毛でも毛穴にダメージを与えてしまいます。毛を抜くと健康な毛をちぎることになるので、毛穴の奥で出血してしまうのです

それが原因で炎症が起き、メラニンが発生します。そうなるとシミ黒ずみを引き起こす場合もあるでしょう。

 

 

3-3.剛毛女子の自己処理その3:太い毛が広がる


腕の拡大写真カミソリで無駄毛を剃る時、毛の1本1本めがけて処理はしないですよね。手や足などのパーツごとに、一定の範囲をまとめて剃るでしょう。

しかしこうしたやり方だとほとんど目に見えないほどの産毛も一緒に剃ってしまい、それがだんだんと濃くなってしまうのです。

 

ムダ毛を剃ると毛が濃くなると言われているのは、毛そのものが濃くなるわけではありません。

 

剃ることによって断面が太くなり、そのまま生えるので濃く見えてしまうのです。また、カミソリにより肌がダメージを受け続けると、その肌を守ろうと毛の量が多くなってしまうこともあるといわれています。

 

 

4.脱毛して剛毛女子から脱出しよう!

ガッツポーズをするナース

結局、どんな方法であれ自己処理を続けていても剛毛の悩みからは解放されません。

 

肌を傷つける自己処理を終わらせ、海やプール、温泉や薄着といった楽しみを手に入れるため、脱毛という手段を考えましょう。

 

 

4-1.剛毛女性が脱毛するメリット


白黒の病院のイラスト

医療脱毛なら湘南美容クリニックレディース脱毛

脱毛の最大のメリットは、一生、もしくはかなりの長期間、毛とは無縁の生活を送れるということです。

医療機関で行われるレーザー脱毛であれば、一度施術すれば同じ毛穴から毛が生えてくることはありません。

 

また、脱毛サロンでの施術でも年単位で毛が生えなくなります。

 

剛毛な毛は、どんなに自己処理してもその日のうちにチクチクと生えてきてしまうもの。その悩みが解消できるのは、本当に人生が変わるほどの変化となるでしょう。

サングラスをかけている女性

同時に、自己処理をしなくてよくなるというのも大きなメリットですね。

 

剛毛な女性は毎日長い時間を自己処理に充てています。その時間が一切不要になるので、その分他のことが出来るようになるのです。

 

他にも、これまで当たり前だった行動制限が一切なくなります。

 

例えば、みんなで旅行に行こうとなったとき、温泉が行き先に上がるのはよくあることですよね。それまでは温泉旅行なんて、

 

「生理だからとごまかすか」

 

「そもそも行かないか」

 

の二択だったかもしれませんが、みんなと一緒に楽しめるようになるのです。海やプールも同様で、今まで出来なかったことが当たり前のように出来るようになります。

サーフボードを両手で持ち海の波に向かう女性

 

また、その効果を施術が完了する前から感じられることもメリットです。脱毛は1回の施術でピタリと毛が生えなくなるものではなく、だんだんと毛を薄くし、最終的にツルツルな肌なるというプロセスです。

 

そのため数か月たったころから効果が出始め、一般的な毛の濃さに落ち着くのです。「脱毛には時間がかかる」というイメージの方も多いですが、実際には早い段階から効果を感じられます。

 

さらに、自己処理による肌や毛穴へのダメージがなくなるので、ケアをしていけばツルツルもちもち肌になります。

電車の座席に座りながら下を向き微笑む女性

今までふとした時に肌が触れヒヤっとしていたことがあったかと思いますが、そうした心配がいらなくなります。

 

 

4-2.剛毛女性が脱毛するデメリットは少しだけ


少しとジェスチャーした男性の右手脱毛と聞いて一番気になるのは、やはり価格ではないでしょうか。

 

どこで施術するかにもよりますが、全身を完全に脱毛しようとすると、50万円以上は必要になります。

ただし、コースによっては分割も可能で、月々の支払いを小さく抑えボーナスが出た時に大きく払うといったこともできます。

 

また、いきなり全身をやるのではなく、部分的にやってみるのもおすすめです。女性が気になる脇であれば、数百円~数千円で完了できるキャンペーンを打ち出しているエステサロンやクリニックが多々あります。

 

こうしたコースを利用すれば、価格を抑えて綺麗になることも可能です。

 

 

脱毛は、料金だけではなく痛みも心配という方が多いでしょう。

 

まず現在、多くのエステサロンで行われているのは「フラッシュ脱毛」という方法です。

三脚の椅子と待合室

これは、毛乳頭(もうにゅうとう)や毛母細胞(もうぼさいぼう)という毛をはやす部分に光を当てダメージを与え、毛の発生を抑えていくというやり方です。

 

施術個所によりますがフラッシュ脱毛は痛みが弱く、ちょっとした温かみや軽く輪ゴムではじかれる程度の刺激を感じるほどです。

 

 

 

病院、クリニックで行われているのは「医療レーザー脱毛」です。

病院の診療受付看板

これは毛乳頭や毛母細胞を強力なレーザーによって破壊し、脱毛する方法。光を当てるフラッシュ脱毛よりも痛みが強く、痛がりの方は耐えられないということもありえます。その場合はクリニックで用意されている麻酔を使用すれば痛みから解消されるので安心ですね。

 

医療レーザー脱毛はエステサロンの脱毛と違い永久に毛が生えてこなくなるので、もう二度と剛毛に悩みたくないという方にはおすすめです。

また、サロンに通うよりも短期間で脱毛が完了するので、日頃仕事や家事でとても忙しい方も医療機関での施術がいいかもしれません。

 

 

まとめ:剛毛女子は脱毛すれば悩みから解放!

緑色の自転車と女性

”ツルスベ肌を手に入れて、新しい人生を”

 

今、剛毛で悩んでいる女性はたくさんいます。毛のせいで嫌な思いをしたことも、一度や二度ではないでしょう。周りの女性はこんなに毛が生えていないのに、なぜ自分だけこんな風なのだろうと悲しくもなりますよね。

 

でも、その悩みは脱毛さえすればすべて解決するのです!

 

もちろん、相応の価格がかかりますし、少なからず痛みも伴うでしょう。

しかしこれまでの何十年を振り返ったとき、こうした事があっても脱毛したいと思う方も多いのではないでしょうか。

白黒写真の中で一つだけ色がついている小型時計

一時的な我慢で、本来は今後何十年も悩むはずだった剛毛から逃れられるなら、価値があると思う方も多いでしょう。

 

また、ほとんどのエステサロンや医療機関では、実際に契約する前にカウンセリングが出来ますし、無料や数千円程度の体験もできます。

 

まずは足を運んでみて、実際に話を聞いてみたり体験をしてみるのも、いいのではないでしょうか。

 

 

脱毛は、早く始めれば始めるほど、完了するのも早くなります。少しでも「もう剛毛に悩みたくない」という気持ちがあるのなら、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。