ゴリラクリニックで日焼けした肌の脱毛はOKなの?大丈夫か不安なあなたへ

カテゴリー
日焼け部分を自撮り

「日焼けしちゃったけど、ゴリラクリニックで脱毛はしてもらえるのかな?」

 

皆さん、こんにちは。

ダツモウ.コムです(^^♪

 

紫外線が強い時期に外出するとアッという間に「日焼け」をしますよね。また、定期的に「日焼けサロン」に行かれている方も当然ながら日焼けをします。

 

しかし、この「日焼け」が多くの脱毛を始めたいと考えている男性達を悩ませています。

 

もしかしたら、あなたもその一人かもしれません。

 

『脱毛したいけどネットで調べたら、日焼け肌はダメなのかよ!?ゴリラクリニックだと何だか行けるみたいだけど本当かな?トラブルは起きないのかな?』

 

と不安になって、このページにたどり着いたのではないでしょうか。

 

 

実際の所、医療脱毛でトラブルが起きると、以下の写真のようになる場合があります。

 

レーザー脱毛の失敗

出典:ヤフー知恵袋

 

これは「ヤケド」を引き起こしている状態です。とても、痛そうですよね(´;ω;`)

 

 

通常の肌でもこのようなトラブルを引き起こす場合がありますが、日焼けした肌はさらに「危険」です。

 

基本的に、医療レーザー脱毛は日焼けした肌に対して照射できません。

詳しい、理由については後ほど取り上げます。

 

しかし、ゴリラクリニックの『ある脱毛器』は例外で、日焼け肌も照射可能です。先に詳細を知りたい方は下の窓口から確認できます。

 

 

今回は、「従来の脱毛器」と「ゴリラクリニックの“ある脱毛器”」の違いについて触れていきます。

 

間違った選択をし、悲惨なトラブルを起こさない為にも『注意点』と合わせて記載しました。

自分の身を守る為にも、最後まで読んでみてくださいね(。◕ˇдˇ​◕。)/

 

 

 

「日焼け肌」も脱毛可能!

髭脱毛

詳しく見る

1.ゴリラクリニックと日焼け肌の関係性

太陽とカメラ

日焼けの原因である「太陽」。

 

なぜ、ゴリラクリニックの脱毛器は日焼けした肌でも「ヤケド」を引き起こさないのでしょうか?

 

その正確な答え知る為に、初めに『機械によってムダ毛が脱毛される仕組み』を知る必要があります。

 

まず、日焼けした肌に照射してはいけない「従来の脱毛器」について見ていきましょう。

短く、簡潔にまとめてみました。

 

 

1-1.従来の脱毛器は「黒いメラニン」に反応する


緑色のレーザー光

【従来の脱毛器】

 

脱毛の光は「黒いメラニン」に反応するように作られています。メラニンは紫外線から体を守る働きがあります。

 

そして、毛のほとんどはこの「メラニン」で作られています。

 

  1. 毛根の細い部分
  2. 毛根の丸い部分=毛球(もうきゅう)が名称

 

2番の「毛根の丸い部分」は元は透明ですが、周りをメラニンが覆っているので外観は黒く見えます。

 

 

「従来の脱毛器」から放たれる光は、『毛根の細い部分』と『毛根の丸い部分』のメラニンに反応するように作られています。

 

ちなみに、この反応する現象を【光の波長が合う】といいます。

 

 

1-2.反応したあと「熱」に変換される


脱毛器から放たれた光は、メラニンに当たると「熱」に変換されます。厳密に言いますと光の波長が合った為、メラニンが熱を吸収します。

 

 

『黒いものは、熱を吸収しやすい特性がある( ˘ω˘ )』

と、理科の実験などでやりましたよね(笑)

 

例えば、夏の黒い車のボンネットやダッシュボードを思い浮かべると、分かりやすいかもしれません。

 

 

同じように、このような原理で脱毛器から発生した熱は、「毛根の細い部分」から「毛根の丸い部分」と下へ流れていき、グングンと熱くなっていきます。

なんと、温度にして「200℃~250℃」です(´・・`)

 

 

1-3.「毛根」と「毛細血管」が熱によって焼灼される


これが、最終段階です。

 

200℃という温度に耐えきれなくなった「毛根の丸い部分」の中にある「毛乳頭」は焼灼(しょうしゃく)されます。焼灼とは細胞を焼いて破壊する事を指します。

 

  • 【毛乳頭(もうにゅうとう)】:毛に栄養を送っている組織

 

また、光は「赤血球」にも反応します。すると毛乳頭周囲の「毛細血管」も焼灼されるので栄養を送る事ができなくなります。

 

焼灼された毛根や毛細血管は基本的に復活しません。

 

つまり、よく言う【永久脱毛】されたことになります٩( ‘’ω’’ )و

 

 

以上が、「従来の脱毛器」のメカニズムになります。

 

 

1-4.「従来の脱毛器」と「日焼けした肌」の関係性


では、なぜ「日焼けした肌」に対して「従来の脱毛器」の光を照射してはいけないのでしょうか?

 

もう、お気づきの方もおられるかもしれませんね。

 

 

▼日焼けした部分=メラニン


実は、日焼けした肌の黒くなった部分は毛と同じ「メラニン」で出来ているからです。

 

つまり、肌の黒い部分にも間違って反応し焼いてしまう(ヤケドしてしまう)のでNGだったんですね( ˘ω˘ )

 

 

 

2.日焼け肌でも照射可能なゴリラクリニックの脱毛器

右手に脱毛器を持つ

【日焼け肌も可能な脱毛器】

 

これで、従来の脱毛器の仕組みがご理解いただけたと思います。

 

続いては、今回の本題であるゴリラクリニックの”ある脱毛器”はどういったものか見ていきましょう。

 

 

実は、ゴリラクリニックでは5種類の医療脱毛器を取り揃えています。

 

  1. メディオスター NextPro
  2. ライトシェアデュエット
  3. ライトシェアXC
  4. ジェントルYAG
  5. ジェントルレーズPRO LE

 

ちなみに、ここまで取り揃えているクリニックは非常に少ないです。

多くても3台です(´・ω・`)

 

この中で、日焼け肌を照射できるのは1番の「メディオスター NextPro」という脱毛器になります。上の写真に写っているのがそうです。

 

この機械は、先ほど触れた「メラニン」に反応しないように作られています。「日焼けした部分=メラニン」という事でしたので、ヤケドを負う危険性も減ります。

 

では、どのようにして毛根にダメージを与えているのでしょうか?

 

 

2-1.メディオスター NextProは「バルジ領域」に対して照射する


従来の脱毛器は毛の「メラニン」に対して照射するのに対して、この機械は「バルジ領域」という部分に向けて照射します。

 

 

▼バルジ領域とは?


バルジ領域とは、「成長因子(せいちょういんし)」という毛の赤ちゃんが詰まっている部分の事を言います。

 

この成長因子は自己分裂なども出来るので、別名「幹細胞(かんさいぼう)」とも呼ばれます。

 

  • 成長因子:毛の赤ちゃん
  • 幹細胞:自己分裂できる細胞

 

 

毛の発生元は、先ほど触れた「毛根の丸い部分内の【毛乳頭】」だと考えられていました。その為、「従来の脱毛器」は毛乳頭にダメージが加わるように設計されています。

 

しかし、最近の研究で「バルジ領域」が毛の発生元であるという事が判明しました。それに合わせて開発されたのが、ゴリラクリニックにある「メディオスターNext Pro」です。

 

 

▼バルジ領域はどこにあるの?


バルジ領域の位置は毛乳頭の位置より上にあります。

 

 

 

2-2.反応すると「肌全体」が温められる


従来の脱毛器は「200℃」という温度でしたが、メディオスターNextProは「60℃~70℃」になります。

 

バルジ領域に光が当たると、その周辺が温められます。

 

 

2-3.「バルジ領域」と「成長因子」が熱によって破壊される


「従来の脱毛器」は、高温で一気に毛根や毛乳頭を焼いていました。

 

メディオスターNextProの場合は、「バルジ領域」とその中の「成長因子」を低温で焼いていきます。温度が低い為、断続的に焼いていきます。

 

  • 【従来の脱毛器】:一気に焼く
  • 【メディオスター】:ゆっくり焼く

 

その為、従来の脱毛器は「1発ずつ」の照射光に対して、メディオスターNextProは「連射」した照射光になります。

 

 

2-4.「メディオスターNextPro」と「日焼けした肌」の関係性


この機械は、毛に変化する前の細胞(成長因子)とその空間(バルジ領域)に対して照射する事が分かりましたよね。

 

つまり、「従来の脱毛器」のように色に左右されず脱毛する事が可能なんですね(*’ω’*)

 

  • 【従来の脱毛器】:黒いメラニンに反応
  • 【メディオスター】:バルジ領域に反応

 

これで、なぜゴリラクリニックの脱毛器が日焼けした肌にも照射できるか分かりましたよね。

 

ちなみに、色に左右されないおかげで従来の脱毛器では処理が難しかった

 

  1. メラニンの薄い産毛
  2. 金毛※確実ではない
  3. 茶毛※確実ではない

 

なども効果を期待できます。

 

 

3.ゴリラクリニックでも日焼けのし過ぎはNG

帽子を被って日焼けしている男性

実は

 

  • 日焼けのし過ぎ
  • 日焼け直後

 

は、ゴリラクリニックの「メディオスターNextPro」でも照射できない場合もあります。

 

なぜでしょうか?

 

 

3-1.日焼け直後は肌に熱がこもっている為


日焼けした直後の肌を手で触ってみると温かく感じますよね。

 

これは「肌内に熱がこもっている」からです。

 

すでに日焼けで熱くなっている部分に、60℃~70℃の光を更に当ててしまうと「ヤケド」を引き起こしてしまいます。

 

日焼けのし過ぎは、注意しましょう(/・ω・)/

 

 

3-2.自分の日焼けした肌がゴリラクリニックで脱毛可能?


しかし、日焼けしたあと「どれくらいの日にち」が経てば脱毛を開始出来るのか、なんて分かりませんよね。自分の判断では、とても難しいわけです。

 

また、インターネットでは

 

『日焼けの脱毛、全然大丈夫でした٩( ”ω” )و』

『日焼けした状態で照射してみました。問題なしです( ˘ω˘ )』

 

などと、書かれていても

 

本当かよ(´・ω・`)

不安だな(;´・ω・)

 

とも思ってしまう訳です。

 

 

▼日焼け脱毛が不安な方は


ゴリラクリニックではそのような方の為に『無料カウンセリング』を設けています。

 

そこで、自分の日焼けした肌を見せれば「医師の目視確認」がありますので、疑念が確信へと変わります。この確信が不安を解消させる事ができます。

 

日焼け脱毛やるぞー(゚Д゚)ノ

ヤケドなんて怖くない(`・ω・´)ゞ

 

安心して日焼け脱毛を開始するのが、何より大事です。その為にも、是非この機会に「無料カウンセリング」を受けてみてくださいね。

 

【無料カウンセリングお申込み】

 

 

まとめ:日焼け肌の脱毛はゴリラクリニックで

ゴリラクリニックのロゴ

今回は、なぜゴリラクリニックの機械で日焼け肌の脱毛が可能なのか扱ってきました。

 

理由は『メラニンに反応しない脱毛器があるから』でしたよね。

 

 

肌は、すぐに日焼けを引き起こします。

 

  • お仕事で外に出る機会が多い方
  • 部活、授業などで外に出る機会が多い学生
  • 海やプールへ行く方
  • 日焼けサロンに行く方

 

など、日焼けする過程は人それぞれ違います。

しかし、結果日焼けしてしまうのはみんな一緒ですヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿

 

 

ゴリラクリニックであれば日焼け肌が理由で、施術日が何か月も先延ばしになってしまう..という事もありません。

 

それでは、日焼けを気にする事のない脱毛をゴリラクリニックと共に、楽しむことにいたしましょう!

 

【無料カウンセリングお申込み】